AGAになるとどんな症状があらわれるのか

AGAは別名男性型脱毛症と呼ばれるもので、思春期以降の男性に見られる薄毛のことです。

AGAの発症には、テストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼ(酵素)が結合することによってできるジヒドロテストステロン(男性ホルモン)が大きく影響しています。

ジヒドロテストステロンも男性ホルモンですが、その影響力はテストステロンの数倍以上もあります。



これが毛の根元の男性ホルモン受容体とくっついてしまうと、髪の毛が正しいサイクルで成長しなくなり脱毛が始まります。

尚、その他にも遺伝やストレス、不規則な食生活、喫煙、運動不足、睡眠不足によっても髪の毛の成長は妨げられてしまいます。

AGAを発症すると、前頭部または頭頂部の髪の毛が細くなって抜け毛が多くなったり、髪の毛の伸びが悪くなるなどの症状がみられるようになります。その結果、頭皮が目立つようになってスタイリングがしづらくなってしまいます。


薄毛で悩む男性でこのような症状に心当たりがある場合は、AGAの可能性があるので専門機関を受診して、検査を受けてみましょう。



AGAの治療方法は進行状態によって異なりますが、フィナステリド配合の薬で進行を食い止め、ミノキシジル配合の薬で髪の毛の成長を促進させ発毛を促す方法があります。

これだけは知っておきたいOKWaveの人気度が上昇しています。

その他にも生活習慣を見直したりすることも症状を改善させるためには重要になります。

いずれにしても治療方法は人によって異なりますので、独自の方法で症状を悪化させる前に医師の診察を受けることが大切です。

Copyright (C) 2016 AGAになるとどんな症状があらわれるのか All Rights Reserved.